坊さんはなぜ働いてはいけないのか?

leader.jpg

私の大きな疑問の一つは、

「なぜ、釈迦は坊さんが働くことを禁じたのだろうか?」

ということである。

お金の寄付を受けることを禁じている。

すなわち、坊さんがお金で物を買ってはいけないというのだ。

ただ、生きるために、一日2食を在家信者から布施してもらうことだけが許されている。

この点では、キリスト教の戒律よりも厳しい。

そこで考察してみる。

なぜか?

もっともらしい理由としては、生産活動に従事すると、どうしても戒律に抵触するからであるというもの。

例えば、坊さんが農業をすると、田や畑を耕さねばならない。

すると、土を掘った時、誤って地中の虫を殺すことがある。

それは、不殺生戒を犯すことになる。

けれども、それが理由であれば、事務系の仕事であれば、坊さんは従事できることになる。

すなわち、仕事を禁じる理由は他にあるということになる。

ひろさちや先生はこう理解している。
leader.jpg

---世の中の役に立つ人間 ---

を尊重する世間の風潮に冷水を浴びせるためだという。

世間においては、まじめに働いている人間を高く評価する。

学校においても、世の中の役に立つ人間になれと教えている。

しかし、そのように世の中の役に立つ人間が”いい人間” だと評価していると、世の中の役に立っていない人間に対する蔑視が生まれる。

さらに、老人も若者に比べて役に立たない人間と見られてしまうのだ。

そこで、お釈迦様は、

「人間の価値は世の中の役に立つ、立たないといった物差しでもって測ることができない 」

といったことを教えるために、あえて坊さんに「無為徒食」の生き方をさせたのであろう。

人間は世の中の役に立たなくたっていいのだ、とお釈迦様は教える。

いや、これも誤解を与える可能性がある。

人間は、どんな人にも、役割・価値が与えられているのだ。

一面的な価値基準で、人を見るなと教えている。

今、自分がここにいるのも、自分の周囲の様々な人々に影響され、刺激されているのだと考えるべきである。

縁こそ大事にしろという教えにつながっている。