優しい人

時はまさにワールドカップが始まったその翌日の出来事。

私は家内と昼食に出かけた。 時には美味しいそばでも食べようと、あざみ野まで出かけた。
天丼と盛りそばセットを我々は注文した。
待つこと15分、注文した料理が運ばれてきた。久々の天丼。味はおいしい。チョット疲れ気味の我々は食べることこそ大事なこと。

そのためにチョット太り気味。レストランではチョット変わった会話もできる。ともにオフィスで働いていると、なかなか話題が変わらない。そんな時には外食に限る。



我々が天丼を食べていると、私の後ろから、男性の声で、「いいでしょうか?」、と聞こえてきた。

私は、気にせずに食べていたが、話の内容で二人連れで、しかも、車椅子で来たんだな、と思った。

まもなく、店員に誘導され、我々とは通路を挟んだ隣ののテーブルにやってきた。

その瞬間、私はビックリした。親子連れで、男性は25~6歳。車椅子の女性は彼のお母さんらしく、55歳くらい。
その女性は、顔を少し上に向け、目はカッと見開いたまま動かない。

多分、脳梗塞かなんかで、半身、いやほとんどが不随状態。家内の話では、手でものを握ることはできたそうだ。

いずれにせよ、自分で何かが出来る状態ではない。

多分、母一人、子一人なのだろう。

日頃は、老人ケアサービスに頼み、土日は自分で面倒を見てやろうということなのだろう。

その青年は、背中にリュックを背負い、車椅子で母親を連れ出し散歩をし、昼になったので何か美味しいものを食べようと、レストランに入ってきた。。

青年は、母親に、「そば?天丼?親子丼?・・・」、と聞いていたが、母親は天丼を注文したようだ。多分、手で合図をしたか、少なくとも言葉は出なかった。

私達は、普通に食べて、普通に外に出た。

車の中での会話は当然、その親子のこと。特に、その青年のこと。素晴らしいと共に思った。ただひたすら、母親が喜ぶだろうということを考えている。

自分がどう思われようが、そんな事など構わない。

その会話の中で、男の私と全く違った家内の話が興味深かった。

自分が、ああなったら、息子の慎吾はあのように面倒を見てくれるだろうか?

また、娘の結婚相手は、あんな人がいい、と。

母親というものは絶えず自分と子供のことを、こんな風に考えるものなのか、とあらためて知った。

私は、どう思ったかというと、「あの青年は、いつかは必ず幸せになるだろう。立派なものだ。幸せになってもらいたい。」、と。

今日は、非常にいい気分になれた。